1. W-PRP、レディエッセ、ヒアルロン酸、どれも効果を感じられませんでした

お悩み相談集

W-PRP、レディエッセ、ヒアルロン酸、どれも効果を感じられませんでした
2013.04.12

※ 料金・キャンペーンに関する情報は回答時の内容です。詳しくは最新の情報をご確認ください。

相談

中学生のころから目の下のクマに悩んでいます。目の周りの皮膚がとても薄く、加えて、目が大きくてアイホールが大きいためか、色素沈着と凹の影がとても目立ちます。現在45歳ですが、加齢によって凹がますます目立つようになり、毎日が憂鬱です。
10年前に下眼瞼切開術、2年前に経結膜脱脂術を受けましたが、クマの軽減効果はありませんでした。またW-PRPも受けましたが、全く効果が見られず、再注入もしました。ですが、やはり効果は見られませんでした。(いずれも施術後の腫れが引くと元に戻ってしまいました)
その後しばらくは、レーザーやビタミンC点滴などの肌そのものを改善する治療を続けましたが、影クマはどうにもならず、半年前にレディエッセ注入を受けました。W-PRPよりは効果を感じましたが、1ヶ月間ほどしか効果は持続せずでした。2ヵ月前に1.5倍量のレディエッセ+ヒアルロン酸を注入しましたが、現在、すでに凹は元の状態です。効果ある治療・費用対効果を考えると、行き着くところは脂肪注入なのですが、お世話になっているクリニックの先生は、石灰化や凸凹のリスクがある脂肪注入には消極的で、CRFについても臨床データが少なくて何とも言えないとおっしゃっています。そこで伺いたいのですが、石灰化、凸凹になる可能性は本当にないのでしょうか。W-PRP、レディエッセですら効果のなかった目の下の凹にも、本当に脂肪は定着するのでしょうか。

回答

目の下の凹みによるクマを、気にされているようですね。
マイクロCRFは、ご自身の脂肪のみを用いた最新の脂肪注入療法です。現存するフィラー(ヒアルロン酸、レディエッセ)のように異物ではありませんので、アレルギー反応の心配がなく、安心して治療が行えます。心配されている石灰化についても説明しますね。典型的なものとしては、シリコンプロテーゼ(鼻、胸etc)を、何年も挿入していると、高頻度で石灰化が認められます。これは異物ゆえの反応ではあります。仮に脂肪注入で石灰化が起こる場合は、以下のケースです。定着できなかった脂肪(脂肪壊死にいたった脂肪)が大量に存在→体内で異物として認識され、カプセルを形成(しこり)→炎症が慢性的に持続→何年もかけて石灰化に至る。
マイクロCRFは、従来の脂肪注入と比べ定着率が高く、また目の下には、大量の脂肪ははいりませんので、石灰化の心配はまずいりません。もちろん定着率が高い分、入れ過ぎると凹凸になりますので、注意も必要です。
実際に拝見していないため、はっきりとしたことは申し上げにくいのですが、目の下の凹みに対しては、とても効果があります。ただし、ヒアルロン酸、W-PRP、レディエッセ、の治療でも、効果がない、もしくは持続していない点が気になります。レディエッセ(一般的には皮膚の薄い目の下には、使わないことが多い)などは、吸収されるのに、数年かかるとされます。
マイクロCRFの治療に際しての注意点ですが、注入した脂肪細胞が、定着するか否かは、全て血行にかかっています。現在ヒアルロン酸、レディエッセなどが残存している部位ですと、せっかく良質な脂肪細胞(マイクロCRF)を注入しても、残念ながら定着率は低くなるとことも考えられます。実際のカウンセリングの際には、ベストな提案をさせていただきますので、ぜひお気軽にご来院下さい。

上記に関連する相談

目の上のくぼみ(38)

目の下のクマ(76)

ヒアルロン酸注入(45)

PRP・WRPR・ACR(36)

検索回数の多いキーワード

アンチエイジング

プチ整形

施術・仕上がり

他の施術

ページトップに戻る

×