1. 施術比較

施術比較

施術一覧表

他の施術との違い

適応範囲や持続性と即効性など気になる項目をマイクロCRF注入(マイクロ・コンデンスリッチファット注入)と他の施術で比較した一覧です。

ヒアルロン酸 PPP(プラズマジェル) PRP・ACR・W-PRP 脂肪注入 マイクロCRF
治療内容 ヒアルロン酸を注射器で注入 採血した血液を遠心分離にかけて、PPPを抽出。熱処理を起こし、ジェル状にしたものを注射器で注入 採血した血液を遠心分離にかけて血小板を抽出し、注射器で注入 採取した脂肪をそのまま注射器で注入 脂肪を採取し、余分な細胞を取り除き、さらに健全な脂肪の細かい脂肪のみを抽出して注射器で注入
注入する素材 ヒアルロン酸 少血小板血漿 多血小板血漿※W-PRPは白血球含む 採取したままの脂肪細胞 採取した脂肪の余分な成分を取り除いた健全な脂肪
即効性 あり あり なし あり 少しあり
質感 青く透ける 粒子が粗い しこりになる場合がある しこりになる場合がある 自然
活性化(肌質改善) なし なし あり ほとんどなし あり
施術時間 数分 約30分 約30分 約1時間 約1時間半
注射針 27G 21G 30G 18G(太い) 30G(極細)
ダウンタイム なし なし 数日 1週間 なし

適応部位

アンチエイジング

ヒアルロン酸 PPP(プラズマジェル) PRP・ACR・W-PRP 脂肪注入 マイクロCRF
額のシワ ● ● ● ●
眉間のシワ ● ●
目尻のシワ ● ● ●
目の上のくぼみ ● ●
目の下のクマ ● ● ●
ゴルゴライン ● ●
法令線 ● ● ● ● ●
マリオネットライン ● ●
唇のシワ ● ● ● ●
首のシワ ● ● ● ●
手のシワ ● ● ● ●

プチ整形

ヒアルロン酸 PPP(プラズマジェル) PRP・ACR・W-PRP 脂肪注入 マイクロCRF
涙袋 ● ●
鼻筋のライン ● ●
薄い唇 ● ● ● ●
顎のライン ● ● ● ● ●

施術の経過比較

経過からみるマイクロCRF注入の特徴

マイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)には幹細胞が豊富に含まれるため、脂肪の定着に有利。また、高い肌活性も期待できることから、他の施術よりも持続力に優位性があると言えます。

  • ヒアルロン酸
    ヒアルロン酸
  • PPP(プラズマジェル)
    PPP(プラズマジェル)
  • PRP・ACR・W-PRP
    PRP・ACR・W-PRP
  • 脂肪注入
    脂肪注入
  • マイクロCRF
    マイクロCRF

ページトップに戻る

×